Tpp Hero

風の森建築の家づくり

CO-CREATION
共同創造
風の森建築は、八ヶ岳の麓で無垢の木の家をつくり続けている小さな工房(工務店)です。
呼吸する木と自然素材を用いて、健康で心地よい家づくり。
お客様と共に考え、作っています。
共に考え共に創る

共に考え共に創る

自由で柔軟な家づくり

私たちは、お客さまとの「共同創造」という理念をもとに、八ヶ岳で家づくりをしています。
お客さまと共に考え、共に工夫を凝らし、共に夢を叶えていく。 風の森建築は小さな工務店。だからこそ、考える人(設計)と、造る人(大工や職人、専門業者)、判断する人(経営)の距離が近く、お客さまの様々なご要望に対して柔軟に対応しています。

お客さまの暮らしに最適な住まいをご提案

長年にわたる自社施工の経験、豊かな発想や知恵が、私たち工務店の財産です。それによって家づくりの自由度が高まり、お客さまの夢を、理に適う形で実現することを目指しています。
ご希望の間取り、使いたい素材や設備など何でもご要望に応じますが、それぞれのメリット、デメリットを見極め、コストバランスを重視しながら、お客さまの暮らしに最適な住まいをご提案いたします。

素材へのこだわり

安心で安全な住宅

基本的に国産の無垢の木と漆喰や和紙などを使用して住宅を作っています。
暮らす人にとって安全な住宅とは、つくる人にとって安全な素材でつくられた住宅です。家づくりを共にする誰ものが安心で安全であること、家の周囲の自然環境に負荷をかけないことを心がけています。
ときに敷地を守っていた樹木を柱や梁として使うことや、製材して乾燥させ、テーブルなどの家具としてお届けすることもあります。
無垢の柱や床に触れた時の感触、本物の素材だけが持つ匂いや空気感。 ときが経つにつれて劣化していくのではなく、使い込むことで味わい深くなる家。心も体も生き生きと暮らせる、そんな心地良い住宅を提案したいと考えています。

つくり 構造と技術

冬暖かく夏に涼しい家

住宅性能としては、第一に「冬暖かく夏に涼しい家」を心がけます。
住宅自体の断熱性能はもちろんですが、土地の環境に合わせて日射の取り入れ方や遮り方を工夫し、軒の出し方を計算して決めていきます。
そして「透湿」という室内で発生した水蒸気などを、壁や天井を通して自然に屋外に排出できるように素材を選定します。
構造(建物の骨組み)のプランを考える際は、伝統的な「手刻み」とコンピューター入力で機械加工される「プレカット」を、ご予算と工期など、お客さまのご要望に合わせて選択していただきます。大きな空間を必要とする場合には、プレカットと手刻みの丸太を組み合わせることも可能です。

あえて手間のかかる手仕事にこだわり続ける

私たち工務店が得意とする手刻みの手法は、折り置組(渡あご工法)を基本に毎回プランによって様々な工夫がなされます。伝統的な継手はとても強度があり、経年変化でさらに仕口(木と木の繋ぎ目)が強固になります。
丸太を使うことで可能な「大空間」も私たちの家づくりの得意技のひとつです。広々としたリビングはもちろん、車庫などの間口を広くとりたいときにも有効で、その自然な丸太の曲線は何ともいえない美しさがあります。
材の特長を見極め、丁寧に加工された木架構は、無駄のない洗練されたデザインになり古くから残る民家のように力強く、時に繊細で美しい、見る者を飽きさせません。 
私たちがあえて手間のかかる手仕事にこだわり続けるのは、お客様の笑顔を見たいから。そして、手を入れ、進化させながら100年200年と、家を使い続けていただきたいからです。

人と人がつくる

「出会えてよかった」と思っていただけるように。
家づくりは、一生に何度も経験するものではありません。
私たちにとっても、年間に携われる棟数は限られています。それぞれにとって貴重な時間や体験を共有し、共に創り上げて行く一大事業。
そんな家づくりを大切なご縁として活かしたく思っています。
長持ちさせるために手を入れたり、暮らし方の変化に合わせてつくり直したり。風の森の職人はもちろんのこと、協力会社さんとも一生のお付き合いとなるでしょう。
私たちは、お客様の家の庭造りや草刈り、ストーブの煙突掃除やメンテナンスなど、様々なご要望にも出来る限りお応えし、お客さまの八ヶ岳での暮らしをサポートいたします。
 お客さまに「出会えてよかった」と思っていただけるように。それが私たち工務店の願いです。
PAGETOP